« Arduino(eJackino)を作ってみる(その1) | トップページ | ロボット好き共の忘年会 »

2009国際ロボット展

■両持ちと片持ちとリンク

20091128_01

20091128_02

20091128_03

■手

20091128_04

20091128_05

20091128_06

20091128_07

■大きなボディ

20091128_08

20091128_09

■小型ロボダンス

20091128_10

20091128_11

20091128_12

20091128_13

20091128_14

20091128_15

■小型ロボ展示

20091128_16

20091128_17

20091128_18

20091128_19

20091128_20

20091128_21

20091128_22

■おまけ

20091128_23

|

« Arduino(eJackino)を作ってみる(その1) | トップページ | ロボット好き共の忘年会 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

「おおきなボディ」の女の子のロボットが一瞬本物の人間のように感じてしまいました。

ロボットでも生身の人間のような表情があるととても親しみを感じます。

投稿: 笑顔工房 | 2009/11/29 08:37

笑顔工房さん、コメントありがとうございます。

研究や商用レベルでは
「HRP-4C」
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2009/pr20090316/pr20090316.html
や、
「アクトロイド」
http://www.kokoro-dreams.co.jp/robot/act/gallery.html
などがあります。

それから、人間に近づけていく時の課題のひとつに「不気味の谷」というものがあります。
http://www.is.sys.es.osaka-u.ac.jp/research/0007/index.ja.html
実感としてわかるし、とても気になるところです。
ちなみに、この研究室では、教授そっくりの顔を持ったロボットを作ったことで有名です。

投稿: SLAN | 2009/11/29 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/496/46884265

この記事へのトラックバック一覧です: 2009国際ロボット展:

« Arduino(eJackino)を作ってみる(その1) | トップページ | ロボット好き共の忘年会 »