Facebook連携

  • ページごとに「いいね!」「シェア」ができます。

ブログ内検索

  • サイト内検索
    ココログ最強検索 by 暴想さん
    検索結果が表示されない場合は、いったんブラウザを してから、再度検索してみてください。

最近のトラックバック

広告でみるこのブログ

  • ページの内容に合った広告が出るらしいけど…どうでしょうか?

  • ■楽天Widget


  • ■Google ads

カテゴリー「バイオリンいろいろ」の38件の記事

2016年4月30日 (土)

ビビり音

4月に入って、D線ファあたりを大きな音で弾くとビビるような音が聴こえるようになりました。
でも、出たり出なかったり。出たと思って、同じように弾きなおすと出なかったり。

表板、裏板、コンコン叩いても、以前、裏板が浮いた時のような音はしません。
駒の位置や立ってる角度、ナットも含めての弦の溝には問題なさそうです。
買った直後に剥がれて付け直してもらった指板も問題なし。
テールピースにヒビはなさそうだし、顎あても取り付けに緩みはなし。

肩当ては、何種類か付け変えてもダメで、関係なさそう。肩当てを付けなければ出ませんが、これはたぶんあまり強く弾けないせい。

うーむ。

弦を張り替えてもダメ。まだ変え時じゃなかったのですが(^^;

わからんなぁ。連休中に点検に出して、みてもらうしかないかなぁ・・・

 
 

と思っていたのですが。

 
 

暖かくなったので、普段着をトレーナーからワークシャツに変えていました。
その一番上のボタンが原因でした(^^;

2015年6月20日 (土)

バイオリン調弦の話(完全五度を平均律のチューナーで見ると)

あちこちで、チューナーは平均律だからそれに合わせちゃいかん、という話題が出ています。

練習を始めるたびにチューナーに頼らず耳を鍛えるつもりで調弦していれば、そのうち、完全五度の気持ち良さとか、ずれた時のうなりとか、オクターブ下の差音とか、だんだん聴こえてくるように思います。

そんなわけで、日ごろ、A線以外はチューナーを使わないので気にしたことがなかったのですが、ふと、完全五度を平均律のチューナーで見ると理屈どおり見えるのだろうか、と思ったので、ちょっと実験してみました。

*****

以下の写真は、調弦の後、楽器本体はあごで支えて、右手で開放弦を弾きながら、左手に持ったスマホで何枚か続けて撮った中から選んでいます。
写真を撮るときに右手の弓圧や動かす速さのコントロールが乱れて音が変動しましたが、その結果も面白いのでとりあげています。

左の2つは一般的な平均律のチューナーで、上がKORG AW-2、下がYAMAHA TDM-70です。
右はいろいろな音律に設定できるチューナーで、KORG OT-120です。ピタゴラス音律に設定しています。

まず、A線を442Hzの音に合わせて、チューナーの表示を見てみます。

20150620_01_a

おぉ、ぴったりやんか(^^)v

20150620_02_a

2つの写真、右のチューナーには高低の動きがあります。写真を撮るときの身体の動きで、少なくともそのくらいは音も変動したということだと思います。しかし、左のチューナーには動きはありません。
これは、チューナーの感度・・・ではなく、表示の解像度(LCDの場合、針の線は飛び飛びの絵なので)の違いですね。

次に、D線をA線との重音で調弦して、D線単音でチューナーの表示を見てみます。

20150620_03_d

右のピタゴラス音律に設定したチューナーは、調弦後の音が完全五度のD音になっていることを示しています。針を見ながら合わせたわけじゃないので優秀優秀(^^)v

左の平均律チューナーでは、少し低めに表示されます。理屈では平均律より2セント低くなるので、まぁ、合っています。

次の写真は、右のチューナーは動いていませんが、左のチューナーが低めになっています。
20150620_04_d

次の写真は、3つとも中央を指しています。

20150620_05_d

これは、それぞれのチューナーの表示が安定していないわけではありません。スマホで撮影しているときの弾き方の乱れによる音の変化を拾ってます。右側のチューナーも針が左右に動いていたのですが、撮った写真ではたまたま針の触れが真ん中だったのです(^^;;;

次に、G線をこのD線との重音で調弦し、またチューナーで確認してみます。

20150620_06_g

右のピタゴラス音律に設定したチューナーは、調弦後の音が完全五度のG音になっていることを示しています。これも針を見ながら合わせたわけじゃないので、今日は耳の調子が良いな(^^)v

左の平均律チューナーでは、D音のときよりも少し低めに表示されます。理屈では平均律より2セント低いD音からの完全五度なのでさらに2セント低くなり、合計4セント低くなるので、まぁ合っています。

20150620_07_g

G線はスマホを持っていても音が不安定にはなりませんでした。弓圧が弓を乗っけてるだけでコントロールしなくて良いからかな。

次にE線です。

20150620_08_e
20150620_09_e
20150620_10_e
20150620_11_e

E線は、理屈では平均律より2セント高くなるのですが、身体のちょっとした動きが音の変動に出やすいようで、他の弦に比べて不安定でした。

どうりで、調弦でE線にハマりやすいわけだ・・・とちょっと納得。

 

なかなか楽しい実験でした。

2014年11月11日 (火)

弦交換

別にそうと決めたわけじゃないのですが、だいたい4ヶ月に1回のペースで弦を新品と交換しています。特に理由はありません。単に飽きっぽいだけかも(^^;

この4ヶ月、ラーセン・ヴィルトゥオーゾはとても感じが良かったです。ついにメイン弦を見つけたかも、と思っています。

とはいえ、まだまだいろいろ試したい年頃なので、今回はトマスティーク・ヴィジョン(ノーマル)にしました。
コストパフォーマンスが良さそうなのでずいぶん前に買ってはみたものの、同社世界標準のドミナントがどうにもしっくりこないので、同系のヴィジョンはなかなか試す気にならなかったのです。

ですが、年内はもう発表会はないし、いい機会だと思いました。

張ってすぐの第一印象は、何か物足りない感じの音ですが、ドミナントのようなしっくりこない感はないような。

しばらく使ってみようと思います。

 

あ、発表会あった・・・来週の土曜日、ウクレレ教室(全5回)の最終回でのプチ発表会(^^

2013年5月 8日 (水)

いまカルテットをやるなら

いまカルテットをやるなら、初級者向けの曲で。

ちょっと検索すれば出てきますが、初級者向けのアンサンブル曲集があります。
僕の持っているものは

■やさしい弦楽四重奏
 http://www.dai3gen.net/gakufumail.htm

■LAST RESORT
 難易度★★☆☆☆(ちなみにブランデンが難易度★★★☆☆)
 ・クラシック曲集◆やさしい弦楽四重奏(2VN,VA,CL)
   http://kreislermusic.ocnk.net/product/2268
 ・クリスマス曲集◆やさしい弦楽四重奏(2VN,VA,CL)
   http://kreislermusic.ocnk.net/product/2384

■Master Music
「String Orchestra Repertoire Series Vol.1-4」
 Vol.1 Renaissance
 Vol.2 Baroque
 Vol.3 Classic
 Vol.4 Romantic
 http://www.kamos.co.jp/sc/StringOrch/stringorch.htm

■フォーブス 簡単な弦楽四重奏集 第1~3巻
 http://repertory.jp/navi/browse/352/187/1/

■EMB
 ・Classical Quartet Music for Beginners (First Position)
   http://www.kotta.info/en/product/14109/Classical-Quartet-Music
 ・Romantic Quartet Music for Beginners (First Position)
   http://www.kotta.info/en/product/14161/Romantic-Quartet-Music
 ・Easy Classical String Quartets
   http://www.kotta.info/en/product/13551/CHAMBER-MUSIC-METHOD-FOR-STRINGS-4

■John Kember
 ・Baroque Pieces for String Quartet
   http://www.johnkember.com/quabar.htm
 ・Classical Pieces for String Quartet
   http://www.johnkember.com/quastr.htm
 ・Romantic Pieces for String Quartet
   http://www.johnkember.com/quarom.htm

です。

あとは、「カルテットをやろう」
http://www.cello-maker.com/quartet/index-q.html
難易度(個人技術/アンサンブル)が2以下の曲かな。
1/2
・ボッケリーニ : String Quartet, in c, Op.1-1
・プッチーニ : 3つのメヌエット in A
2/1
・モーツァルト ディベルティメントK136-138
・プレイエル : String Quartet No.1, in Es, Op.1-2
・モーツァルト : String Quartet No.1, in G, K.80
2/2
・ハイドン : String Quartet No.17「セレナード」, in F, Op3-5
・シュターミッツ : String Quartet No.2, in G
・シュターミッツ : String Quartet, in E, Op.8-2
・モーツァルト : Eine Kleine Nacht Musik K.525
別のページでは別の難易度になってる曲もありますが(^^;

カルテットで初級者向けの曲集や楽曲、他にもあったら教えてください。

2013年4月14日 (日)

楽器メンテから戻ってきました

メンテナンスに出していた楽器が戻ってきました。

エンドピンを左右の真ん中に。メンテに出した時の写真を重ねてみると一目瞭然です。

Endpin_position20130414

サドルも少し削ってもらいました。

駒も線の間隔が同じになるように新調しました。

Bridge_position20130414

ブルー(元画像を色反転)の部分が今まで付いていた駒の外形です。メンテ前後で写した角度が違うので、だいたいこんな傾向ってことで(^^;

どちらも弾きやすさへの影響を感じるほどではなく。

音色は少~しだけ硬めの方向でお願いして、良い感じに仕上げていただきました。もう慣れてしまいましたが(^^;、そのくらいの違いでいいと思っていたので、ばっちりです。

 

毛替えをしたこともあってか、弾いているとすがすがしい感じがします(^^)

数日前、進歩してるんだか何だかと書きましたが、レッスンでカイザーも曲もちょうど次に進むし、心機一転の気持ちで取り組もうと思います。

2013年4月 6日 (土)

楽器メンテに出しました

発表会もしばらくないことから、今日は、雨が降らないうちに工房へ行き、楽器のメンテナンスと毛替えを依頼してきました。

ついでに(というか、こっちがメイン)

・エンドピンの位置が横にずれている
Endpin20130406

・D線とG線の間がちょっと狭い
Bridge20130406
この写真じゃわかりにくかった・・・

のを直すことにしました。

顎当てを換えるときに顎当てを削らないとテールピースに当たってしまう以外は、エンドピンにガタがきているわけではなし、弾きにくさを感じているわけでもなし、工房でもいじらないことを勧められました。

でも、この先ずっとこの楽器を弾き続けると思うと、ここで真ん中にしてあげたい気がしまして・・・。
そこまでやるなら、駒も各弦等間隔にしたいなと。

音色は少し変わってしまうかもしれませんが、それはそれ、楽器を変えたつもりでまた弾きこんでいけばいいかなと思っています。

2011年8月 8日 (月)

楽譜探し、いったん終了~♪

今日は仕事帰りに、多くの音楽好きを幸せな気分にしてくれるアカデミア・ミュージックまで楽譜を探しに行きました。

7/30の日記で、月の楽譜代しめて6万円(+消費税)と書きましたが、今日も1万円ぶん買ってしまいました。

 

今のレベルで弾けそうなVn×2、Vn×3、Vn×4、弦楽カルテット、弦楽トリオの楽譜は、もう買わな~い( ̄▽ ̄)/

 

 

 

 

・・・と思うcoldsweats01

 

2011年8月 6日 (土)

2年目の振り返り

3年目に入った時に書こうと思ってたのに遅れてしまいましたが、ここまでの四半期単位のまとめです。

以下は、1年前にかいたもの。

2009/07~09月 レッスン開始
・ふと思い立ち、ヤマハグループレッスンでスタート
・楽器購入

2009/10~12月 目標「東京おとばよ会」
・9/26に「超初心者向け」レッスン初参加
・11/1に「初中級者向け」レッスン初開催に参加、以後継続
・12/27についに「東京おとばよ会」初参加

2010/01~03月 頑張れ「主よ~」「カノン」
・東京おとばよ会で必ずやる曲が弾けるようにと→つまずくことはあっても戻れるレベルに
・超初心者向けレッスンは2月に卒業宣言

2010/04~06月 毎週参加&ブーレ挑戦
・「おとばよ」「おとチェロ」「アンサンブルしようよ」「カラばよ」「あおぞら」「おとピヨ」「数名で(仮名)」「合宿」「気軽な」「初中級者向け」…
・初めて自分から弾きたいと思ったバッハのブーレに挑戦開始

 

・・・そして、この1年。

2010/07~09月 新レッスン開始
・あいかわらずのペースでイベント参加継続
・7月にヤマハグループレッスンをやめて先生探し
・8月に今の個人レッスンの先生に

2010/10~12月 変化の時
・10月セブシック、篠崎2巻スタート
・11/26に今の楽器に出会い、その日のうちに購入
・12/5にK先生関係者の発表会で「バッハのブーレ」演奏。これからは「発表」をベースにした活動をしたいと思う

2011/01~03月 年男/ひとまわり先の還暦に向けて
・1月アンサンブル活動(2つ)始動
・2月アマオケ入団、カイザー開始

2011/04~06月 33年ぶりのオケ
・4月簡易防音室完成
・6月ザイツをやっつけて篠崎2巻終了
・6/5に発熱しつつ33年ぶりオケで演奏

 

なんだか、すごい1年だったなぁ。
3年目も7月に初のアンサンブル発表会がありました。これからも

08/21 アンサンブル:鹿嶋勤労文化会館
09/18 アンサンブル:日仏文化協会 汐留ホール
09/24 ソロ:教室の発表会 都内某所
10/01 アンサンブル:内輪の発表会 都内某所
12/10 K先生関係者の発表会 場所未定
01/29 オケ本番
2月 アンサンブル:発表会

という感じで、「発表」をベースにした活動を継続する予定です。

何度も言ってますが、とても恵まれていると思っています。皆さん、本当にありがとうございます。

2011年8月 4日 (木)

弦交換

8/1の日記「毛替え」で、そろそろ弦交換。何にしようかな、と書きました。

もともと楽器屋さんで張ってあったのはドミナントでした。

しかし、発表会直前で弦のタッチが違うのがいやで、購入してすぐに、前の楽器で使っていたのと同じ、インフェルド青+E線カプラン・ソリューションに。それが12月。

4月に、ドミナントに戻そうかなーと思ったのですが、周囲から寄せられたガット弦への誘惑に負け、ガット弦の中では扱いやすいとされるパッシオーネに。

 

今回は・・・

コミュニティの掲示板などで「弦は何がいいか」と問われた時には、「まずは事実上標準のドミナントでの音を基準にして問いかけなおせば、より良いアドバイスもらえますよ」と書いて、ススメてたりするので、

それと、そもそもその音で気にいって買ったわけだし、、、wink

ドミナントにしましたhappy01

この楽器でのドミナントの音にしばらく付き合おうと思いますnote

 

 
D線はアルミ巻じゃなくシルバー巻き。前の楽器で工房が付けた標準の弦がそうだったからで、その音に慣れてる(比較できる…覚えてないけどsweat01)だからです。

E線はゴールドブラカット0.26にしました。これまでゴールドブラカットを使う時は0.27ばかり使ってましたが、0.26のほうが力強さは劣るけどきれいな音が出るらしいので。

張り替えるついでに、ここのところ堅くて調弦がしにくかったペグに、ペグソープを塗りました。

 

張り替えてすぐの音は、平板でつまらない音です。

早くなじむといいなぁ・・・今週末に弾き込みます。

2011年8月 1日 (月)

毛替え

今の楽器は、昨年11/26、島村楽器新宿ペペ店の弦楽器フェスタで出会ってしまったものですが、今年、その島村楽器さんの工房ができました。

7/31 サントリーホールでのコンサートを楽しんだ後、そこへ毛替えと楽器の点検をお願いに行きました。

このブログによると昨年10/2に毛替えをしているので、約10カ月使ってたことになります。まぁ、引っかかりがないということはないのですが、軽く乗せたときに滑るような感じがして、新しい毛ならどうなんだろうと知ってみたくなったのです。

 

毛の種類が、普通のといいのと2種類あって・・・

某姉弟子さんがどこぞのいい毛を張って音が変わったーって喜んでたのを思い出したのですが、ま、それがわかるほどいい弓ではないし、毛替えをしての音の変化を知るのが目的なので別の要因を入れたくなかったので、普通の毛にしました。

 

なんだか、pの音が出しやすくなったような気がしますconfident 

 

しかし

 

この10カ月の変化は我ながらすごいなぁ。。。
音楽仲間のみなさんにあらためて感謝ですshine

 

あ、今の弦(パッシオーネ)は4/5からだから、4か月になるなー。
弦はなんとなく4か月に1回ペースで替えているのです。

まだまだ何かに固定せずにいろいろ使ってみたいと思っています。
何にしようかな。またナイロン弦にしようかな。

はじまりはいつもA線~バイオリンストア~

  • はじまりはいつもA線
    ~バイオリンストア~

    Amazonのインスタントストアを使って、自分が持っているものをベースに、バイオリン関連本を集めました。

プロフィール


  • SLAN
    大人からバイオリン。 学生時代にサークル活動で1stポジションまで。 四半世紀ブランク。 2009年7月より1から再スタート 。
    レッスン開始から

SLANなう

ばよブログつながり

  • ばよりんを通じて知り合った方々のブログ

ばよ多謝

  • シマムラストリングス秋葉原
    現在の楽器は2010年12月に島村楽器の弦楽器フェスタで出会いました(数年後、弓も)。以来、工房はここにお世話になっています。
  • ハートノート音楽教室
    2010年7月11日に1年間通ったヤマハのグループレッスンをやめて、同年8月18日からこちらで個人レッスンを受けています。
  • 空音舎(そらおとしゃ)
    イベントスケジュール
    弾き合い会はじめ「2nd Sounds」「銀河鉄道の夜」などユニークな企画に参加しています。「空色カルテット」はここがきっかけで生まれました。
  • 表参道クラシックスペース(OCS)
    新着情報
    弾き合い会のほか、「落ちてもいいよ!譜読み会」や各種スポットレッスンに参加しています。「クァルテット・オチテモー」はここがきっかけで生まれました。

楽器を習うなら(広告)

  • ■山野楽器
  • ■シアーミュージック

ブログランキング

  • ランク争いをするつもりはないですが、関連ブログへのリンク集代わりに。
  • ■にほんブログ村
    にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
  • ■人気ブログランキング

ばよ楽譜

ばよコンサート情報

Amazonランキング

  • 「音楽(クラシック)」の売れ筋ランキング。ランキングは1時間ごとに更新されます。。。とのことです。

ココログ広場

無料ブログはココログ