Facebook連携

  • ページごとに「いいね!」「シェア」ができます。

ブログ内検索

  • サイト内検索
    ココログ最強検索 by 暴想さん
    検索結果が表示されない場合は、いったんブラウザを してから、再度検索してみてください。

最近のトラックバック

広告でみるこのブログ

  • ページの内容に合った広告が出るらしいけど…どうでしょうか?

  • ■楽天Widget


  • ■Google ads

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

「ソロ」「伴奏」「デュオ」

先日、とあるオケさんからお誘いを受けた際に、
> 4月にアンサンブル本番、5月にソロ本番、7月にオペレッタ伴奏オケ本番がありまして、
云々という返事をしました。

この5月の「ソロ」は、実はピアノとの1対1のアンサンブルです。
その前の「アンサンブル」と対比して「ソロ」と書くのがわかりやすいかなと思ったのですが、自分の気持ちの中ではずっと引っかかっています。

さっき、思いついたのですが、「ピアノとのデュオ」と書けばよかったかな。いや、実際は、こちらに合わせて伴奏していただくばかりで、おこがましいんじゃ。いやいや、それでも気持ちの上ではあくまでも「デュオ」でなければ。。。

などなど、あらためて考えてるうちに、そもそも「4月と5月と7月に本番がありまして、」で良かったんじゃないかと(^^;

失礼いたしましたm(_ _)m

2014年2月24日 (月)

「新世界より」本番終了

2月23日(日)第35回幡ヶ谷社会教育館文化祭での「新世界より」無事に終了しました。
みなさま、応援コメントや応援イイネをありがとうございました!

マイミクさんがお2人聴きに来てくださいました。ありがとうございました!
嬉しかった分、昨年の「未完成」よりもちょっと緊張しました(^^;

以前も書きましたが、バイオリンに初めて触ったのは、高校1年の時。他の楽器経験すらない中、数か月後に「未完成」のステージでおそるおそる弓を小さく動かしていたのでした。
そのリベンジをしたのが、昨年の「未完成」だったわけですが、実は、そこから部活をやめるまでの短い間に練習していたのが「新世界より」4楽章の出だしでした(後ろの楽章から練習していく先生でした)。

今回、4楽章の最初の音を鳴らした時に、35年の時間を一気に飛び越えた感じがしました。

201402231fromnewworld
4楽章の最初の音を出す直前。僕は指揮者の腰の向こう側にいます。

諸事情あって、1月からの練習参加となり、練習不足は否めませんでしたが、同じ2ndVnの方々の音に助けていただき、思い切り悔いなく弾くことができたと思っています。

ありがとうございました。

*****
高校1年の時のネタで残っているのは、ブラームスの「大学祝典序曲」だけとなりました。
これはまだ全然歯が立たないので、リベンジまでしばらくとっておくことにします(^^)

2014年2月22日 (土)

HNMSレッスン157、158

風邪で1回お休みしたので、期間としては3週分。
あ、でも、風邪の間、鼻水と頭痛で弾いてないので、実質2週分か(^^;

■音階:3オクターブ

曲(タルティーニ「捨てられたディド」)と同じ調(ト短調)で

4の指でぐっと押さえる押さえ方の研究
→左手全体に力が入ってしまい、シフトの動きが悪い(^^;

下がってくる時、同じ弦の次の音はあらかじめ押さえておけるように

アルペジオ ちょっと楽典
 ・長3度:幅は全音2つ
 ・短3度:幅は全音と半音←この音程が不安定
 これと指の間隔を合わせる。

弾き方 楽器を響かせるように・・・
 ひと弓が長~くなると、むにゃむにゃと弾いてしまう(^^;

以上、前回書いたのと同じですが、ようやく上りひと弓、下りひと弓で、弓が足りるようになってきました。

■カイザー:全音ISE版の36番
注)31番をもう1回やるって約束なので、まだカイザー最後ではありません(^^;

前回書いた「メロディの流れが全然読めませんヽ(・∀・)ノ」という状態からは抜けだしました。
5ポジもだいぶ慣れてきました。問題は、ところどころ変化のある箇所の2ポジ。指が迷います(^^; でもエチュードだし、どのポジションで弾くかの指定や開放弦を使うかどうかの指定以外は、できるだけ指番号は書かずに頑張りたい。。。

■曲:タルティーニ ソナタ ト短調 作品1-10「捨てられたディド」

=第1楽章=

・重音でリズミカルなところ
  左手:指が隣の弦に触れないよう
  右手:弓は弦から離さずに
・上記以外、全体的に
  フレーズの頭から最後まで
   アクセントをつけない
   音を抜かない
   「歌う」休符の次の音の頭からビブラートなど
・休符で、次の音をとっておく
・重音続くところは、ひとつ前の重音から次の指を準備する
・右手、人差し指ではなく中指で重さをかけるところ

=第2楽章=

・出だし、と同じパターン
  1小節1拍、各小節の頭の音をしっかり
   弓元でコンパクトに
  小節頭の装飾音は左指ではじくように
   ボッケリーニのメヌエットでやったように
・練習番号「A」
  重音、弓を弦から離して落とす
   注意:直前、元弓使ってのアップで終わるので、
      その勢いで落とすとフロッグで弾くことに
  続くスタッカートは止める
   先弓になるので弓で弦をしっかり噛むことを意識
  次のスラーで元弓まで引き上げる
   重音頭からのパターンに続く
   最後の「B」に入る手前のところは急がない
・練習番号「B」
  後半の重音では弓のスピード感を出す
・練習番号「C」
  前半 低いほうのファの音程
  後半 pのフレーズではリラックス
・練習番号「D」
  ここからあらためてスタートする意識
・最後rit. 元弓での腕の位置
  ひじではなく腕全体で持っていく感じ??試行錯誤中

=第3楽章=

・次回、Largo.の最初から12小節までみていく
  

*****

「捨てられたディド」について、僕の楽譜では
 第1楽章:(記載なし)
 第2楽章:Presto non troppo.
 第3楽章:Largo.とAllegro comodo.
となっていますが、ナクソスで聴くCDやYouTubeなどでは、このLargoが演奏されていないものも少なくないです。

確かに、Largoは、雰囲気こそ1、2楽章に近い感じがするのに、曲としてなんだか独立している感じがします。
続くAllegro comodoは、ここまでにない優しい曲調なのに、曲の終りなど第2楽章の重音での激しい終わり方と同じフレーズを単音で弾くところが出てきて、ハッとします。

何度も聴いているうちに、第1楽章と第2楽章は出来事そのもの、登場人物のリアルタイムな心情や状況を表していて、第3楽章は第三者的な・・・たとえば吟遊詩人が、ひとつの物語に変えて語っているのがLargo、それをもとに歌い始めるのがAllegro comodo、その歌には本当の出来事が垣間見える・・・そんなイメージが浮かんできました。

そうイメージしてみると、Largoがなくても「出来事があってそれを吟遊詩人が歌にしました」という流れになるし・・・つじつまは合うかな(^^;

2014年2月16日 (日)

もにぱん 昼下がりコンサートVol.5♪「ギターとチェロによる郷愁のメロディ」

もにぱん
昼下がりコンサートVol.5
♪「ギターとチェロによる郷愁のメロディ」
2月15日(土)14時 ~14時40分 @クオレ・堀之内 

「もにぱん」
http://monipan.jimdo.com/
ギターといろいろな楽器とのユニットなのですが、今回はギターとチェロ。どちらの方とも一緒に演奏させていただいたことがあります。お二人での演奏を聴くのは、2012年11月3日の文化学園大学学園祭プチコンサート以来。

雪の影響があっても2時間前に出れば着いてから何かお腹に入れられるかなと思ったのですが、着いたのは開演10分前でした(^^;

それでも、行って良かった。
映画やドラマの音楽を中心にいろいろな曲を弾いてくださったのですが、お二人のお人柄そのままの温かみのある音色に心が和みました。

2月に入って、なんか思うように弾けなくてもどかしかったところに、風邪をひいて頭痛と鼻水を引きずって練習も手が付かず、レッスンも1回キャンセル、会社も3日休むという状況に陥りました。
いろいろ後ろ向きでよけいなことを考えてしまう日々でしたが、もにぱんの演奏でナチュラルな気持ちになれました(^^)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

はじまりはいつもA線~バイオリンストア~

  • はじまりはいつもA線
    ~バイオリンストア~

    Amazonのインスタントストアを使って、自分が持っているものをベースに、バイオリン関連本を集めました。

プロフィール


  • SLAN
    大人からバイオリン。 学生時代にサークル活動で1stポジションまで。 四半世紀ブランク。 2009年7月より1から再スタート 。
    レッスン開始から

SLANなう

ばよブログつながり

  • ばよりんを通じて知り合った方々のブログ

ばよ多謝

  • シマムラストリングス秋葉原
    現在の楽器は2010年12月に島村楽器の弦楽器フェスタで出会いました(数年後、弓も)。以来、工房はここにお世話になっています。
  • ハートノート音楽教室
    2010年7月11日に1年間通ったヤマハのグループレッスンをやめて、同年8月18日からこちらで個人レッスンを受けています。
  • 空音舎(そらおとしゃ)
    イベントスケジュール
    弾き合い会はじめ「2nd Sounds」「銀河鉄道の夜」などユニークな企画に参加しています。「空色カルテット」はここがきっかけで生まれました。
  • 表参道クラシックスペース(OCS)
    新着情報
    弾き合い会のほか、「落ちてもいいよ!譜読み会」や各種スポットレッスンに参加しています。「クァルテット・オチテモー」はここがきっかけで生まれました。

楽器を習うなら(広告)

  • ■山野楽器
  • ■シアーミュージック

ブログランキング

  • ランク争いをするつもりはないですが、関連ブログへのリンク集代わりに。
  • ■にほんブログ村
    にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
  • ■人気ブログランキング

ばよ楽譜

ばよコンサート情報

Amazonランキング

  • 「音楽(クラシック)」の売れ筋ランキング。ランキングは1時間ごとに更新されます。。。とのことです。

ココログ広場

無料ブログはココログ