Facebook連携

  • ページごとに「いいね!」「シェア」ができます。

ブログ内検索

  • サイト内検索
    ココログ最強検索 by 暴想さん
    検索結果が表示されない場合は、いったんブラウザを してから、再度検索してみてください。

最近のトラックバック

広告でみるこのブログ

  • ページの内容に合った広告が出るらしいけど…どうでしょうか?

  • ■楽天Widget


  • ■Google ads

« 「G線上のアリア」練習用mp3ファイル | トップページ | 東京おとばよ会012 »

2010年6月11日 (金)

フィルハーモニア管:ヒラリー・ハーン

フィルハーモニア管弦楽団
2010年6月2日(水)19:00開演
サントリーホール
指揮:エサ=ペッカ・サロネン

サロネン:へリックス
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35
  (Vn)ヒラリー・ハーン
シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 op.43

 

サロネン:へリックスは、この指揮者作曲の現代音楽です。

曲を聴くのも、フィルハーモニア管を聴くのも初めてでしたが、フィルハーモニア管って世界一流のオーケストラなんだってアピールされたかのような感じがしました。
理路整然というイメージ。

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲は、面白かったです。

オーケストラの出だしで「あ、良い雰囲気」と思ったのですが、ソロの出だしでは空気が変わりました。
曲が進むにつれて、テンポの変化や音の切り方つなぎ方が、私の頭の中にある演奏といろいろなところで違うところが耳につき始めました。普通ここまで違ってしまうと聴いてて気持ちが離れてしまうのですが、この日は違いました。
1音1音がはっきりと意志が込められているかのような演奏に、最後まで魅せられてしまいました。

演奏後に拍手をしながらふと「新しいチャイコフスキーだ」と思いました。
チャイコフスキーの曲が持っているロシアくささ、みたいなものはありません。それが足りないということではなく、この曲の純粋な音楽部分を聴かせてくれたという気がします。

アンコールにこたえて
 イザイ :メランコリア
 J.S.バッハ :ジーグ

特にバッハが、音の感じがとても自然で。
ヒラリー・ハーンのドッペルをけっこう聴いていたせいかもしれないのですが。

シベリウス:交響曲第2番が、また素晴らしかったです。曲が終わるときの会場の圧倒的な静寂は、忘れられないと思います。

アンコール曲もシベリウスで
  :メリザンドの死
  :組曲『カレリア』から「行進曲風に」

あとで知ったのですが、サロネンってフィンランド生まれなのですね。
その国の曲はその国の指揮者が良いって、ますます思うようになりました。

 

ヒラリー・ハーンのヴァイオリン協奏曲のCDは実はまだ買ってなかったのですが、会場で買ってしまいました。
そうしたらサイン会があるというので・・・もらってきました(^^;。

CDは、オーケストラは別なのですが、この日の演奏と同じようなリズムの取り方、音の切り方のばし方になっています。

(のちほど追記する予定)

« 「G線上のアリア」練習用mp3ファイル | トップページ | 東京おとばよ会012 »

コンサート/セミナーレポート」カテゴリの記事

コメント

再度勢い余って書き込みに参りました!

自分の聴き馴染んでいる曲を生で聞いて、
ほんのわずかな間だったりタイミングだったりで
何となく違和感を感じてしまうという…
すごく分かります!

私も「CDの方が好きかも〜」「他の人の演奏の方が…」
とかなってしまう事がたま〜にあります…

でも、それすらも超越してグイグイ聞かせてくれる
ヒラリーハーンはやっぱり凄いですね!

しかもサインまで…羨ましいです!
バッハのジーグは私も是非聴いてみたいです!
バッハ大好き!

ごてつさん、ありがとうございます。

私の場合、自分の聴き馴染んでいる曲はわずかに数曲なんですが、今回のヒラリー・ハーンは、おっしゃる通り、それすらも超越して、という感じでした。

バッハのジーグは、とてもきれいな流れで、気がついたら終わってたという感じでした。

ごてつさんのバッハ、今度、聴かせてくださいね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/496/48567896

この記事へのトラックバック一覧です: フィルハーモニア管:ヒラリー・ハーン:

« 「G線上のアリア」練習用mp3ファイル | トップページ | 東京おとばよ会012 »

はじまりはいつもA線~バイオリンストア~

  • はじまりはいつもA線
    ~バイオリンストア~

    Amazonのインスタントストアを使って、自分が持っているものをベースに、バイオリン関連本を集めました。

プロフィール


  • SLAN
    大人からバイオリン。 学生時代にサークル活動で1stポジションまで。 四半世紀ブランク。 2009年7月より1から再スタート 。
    レッスン開始から

SLANなう

ばよブログつながり

  • ばよりんを通じて知り合った方々のブログ

ばよ多謝

  • シマムラストリングス秋葉原
    現在の楽器は2010年12月に島村楽器の弦楽器フェスタで出会いました(数年後、弓も)。以来、工房はここにお世話になっています。
  • ハートノート音楽教室
    2010年7月11日に1年間通ったヤマハのグループレッスンをやめて、同年8月18日からこちらで個人レッスンを受けています。
  • 空音舎(そらおとしゃ)
    イベントスケジュール
    弾き合い会はじめ「2nd Sounds」「銀河鉄道の夜」などユニークな企画に参加しています。「空色カルテット」はここがきっかけで生まれました。
  • 表参道クラシックスペース(OCS)
    新着情報
    弾き合い会のほか、「落ちてもいいよ!譜読み会」や各種スポットレッスンに参加しています。「クァルテット・オチテモー」はここがきっかけで生まれました。

楽器を習うなら(広告)

  • ■山野楽器
  • ■シアーミュージック

ブログランキング

  • ランク争いをするつもりはないですが、関連ブログへのリンク集代わりに。
  • ■にほんブログ村
    にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
  • ■人気ブログランキング

ばよ楽譜

ばよコンサート情報

Amazonランキング

  • 「音楽(クラシック)」の売れ筋ランキング。ランキングは1時間ごとに更新されます。。。とのことです。

ココログ広場

無料ブログはココログ