Facebook連携

  • ページごとに「いいね!」「シェア」ができます。

ブログ内検索

  • サイト内検索
    ココログ最強検索 by 暴想さん
    検索結果が表示されない場合は、いったんブラウザを してから、再度検索してみてください。

最近のトラックバック

広告でみるこのブログ

  • ページの内容に合った広告が出るらしいけど…どうでしょうか?

  • ■楽天Widget


  • ■Google ads

2017年6月26日 (月)

脱・初級者根性

“「まだまだ初級者で」というような言葉を口にしない努力をしています。”
 
あるつぶやきにそんなリプをしたら、SLANさんはどう考えてももう初級者じゃないし、と返ってきました。
 
この方がそういうなら、何をもって初級者というかは人によって違う・・・なんてところには逃げられないな(^^;
 
 
 
初級者根性から抜け出そう。
 
自分を自分で初級者と言ってるうちは、いつまでたっても初級者の演奏しかできない気がする。
 
 
 
上手な初級者で止まるのが嫌なら、下手くそな中級者から始めよ。
 
 
 
8年目の終わりに、そんなことを考えています。ようやくなー。
 
 
 

2017年6月16日 (金)

教室発表会選曲2017

今の考え方の備忘録でもあるので、前置きが長いです(笑)
 
教室の発表会は思い切り背伸びしてチャレンジするところと思っていますが、全く無理な曲もあるわけで、うまく当てはまる曲は世の中にたくさんあると思ってはみても、手掛かりを持っていません。
 
昨年は先生から多くの候補曲をいただき、自分の「そろそろコンチェルトをやっておきたい」と「レパートリーというものを増やしたい」という2つの気持ちのうち、前者を優先し、べリオのコンチェルトにチャレンジしました。
 
レパートリーを増やしたいという気持ちは、その後、自分でやってみて、必要だと思ったら都度レッスンでアドバイスいただくような形で、だんだんと増やしていけたらいいなと思っています。
 
さて、今回のレッスンでは、今年の候補曲として、昨年にいただいた候補曲と、手持ちの楽譜で目に留まったものの楽譜を並べ、一緒に考えていただきました。
 
ピアノ伴奏曲だけじゃなく、アンサンブル曲(先生方と弾けるのです)も含めて、10曲・・・はなかったか(^^;
それらを先生が、ざっと大きく2つに分けました。
・完成度を高める曲
・新しい技術を身につける曲
もちろん、どちらも大事なことですが、学ぶ目的としてどちらに重きを置くかということです。
 
自分では全曲後者のつもりでしたが(^^;、先生から見るといくつかの曲は前者になるんだなぁ。
 
後者からはこの1曲、昨年も候補にあげていただいた、
 
■ファリャ スペイン舞曲
 
 
これにチャレンジか! どう練習するんだこんな曲!
 
と思い始めたところに、先生が今年の曲として考えていらっしゃった2曲を・・・。
 
■クライスラー プレリュードとアレグロ
 
 
プレアレ!
これは候補曲として先生から出るかもしれないと思っていても、自分からはあげられない曲だー(笑)
 
そして、
 
■メンデルスゾーン ピアノトリオ第1番第1楽章
 
 (ただし、発表会では時間的にどこかカット)
 
・・・はぃ?メントリ?
全く考えてなかった(^^;
 
先生が仰るには、アンサンブルでの候補曲を考えた時に、僕には弦楽四重奏などの経験があるので、ピアノが入った曲を選んだ、とのこと。
 
確かに、、、
先日のアンサンブルアコルト演奏会の感想で書いたように、ピアノが入ると、弾くどころか聴くところでも、曲を遠く感じてるようなわけで。
また、そういう気持ちがあったので、今期の空音舎2ndSoundsでピアノ参加の方のサポートとしてトリオをやってるところもあるわけで。
 
 
 
次回のレッスンまでに上記3曲から選んで、少しだけでいいので(慌てて弾き込まないようにというニュアンス)弾いてみてくることになりました。
 
 
 
 
 
メントリかなぁ・・・。
 
上のソロ曲2曲はここで弾かなくても、また機会があると思います。
でも、メントリはこの先何年たっても誰かと弾けるようになるとは思えず、これを逃すともう弾く機会はないかもしれないので・・・。
 
 
 

HNMSレッスン302、303

■音階:3オクターブ:ロ短調
曲に合わせてロ短調
 
おー、何の書き込みもないということは初めての調だー。
だからといってあまり困ることはない・・・と思っていたのですが、音程がふわふわしています。 
アルペジオのほうは間の指を置くというアドバイスで良くなりそうな兆しはあるものの。♯2個の短調って難しいんだーという新たな発見。
 
 
■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)24番:3重音が続く
3段目から6段目の途中(再現部の前まで)
→音は取れてきていて、特に低音がはっきりしてきた。
→強弱を。特に後半dim.の前のfをキープ(音楽的に弾いていきましょう)
 
次は5段目から7段目の途中まで。少なめなのは5段目が特に難しいから(^^;
→同じ重音でも、他のところは1つの旋律に伴奏が付いている形だが、5段目は旋律が2つあることを意識すること。
 
 
■曲:テレマン/無伴奏ヴァイオリンのための12の幻想曲第9番
前のレッスンメモで、
 
> そんなわけで、次回は、いちおう候補曲として、前にカミさんとカミさんのおふくろさんからリクエスト(?)のあった某曲を持っていくことにしました。
 
・・・と書いた曲も途中まで譜読みをしていましたが、ここ2回は先日参加エントリーした7月2日「1 or 2 の会」での演目、テレマンの無伴奏曲をみていただきました。
この曲は、3年前にmixiコミュ「クラシック音楽発表会を作ろう!」 のイベントで、3つある楽章のうち2つにチャレンジした曲です(2014年06月20日の日記に録画があります)。
 
第1楽章 Siciliana
(3年前、ゆっくり弾いた楽章)
→Sicilianaのリズムに乗って弾くように
→弓のダウンアップや、フィンガリングの改善案をいただき、やはりみていただいて良かったなと
 
第2楽章 ViVace
(3年前、本番までに間に合わず弾かなかった楽章)
→弓使い過ぎ
・・・また、やっちまったー^^;
→低弦側に1音だけ移弦する音は丁寧に
→8分音符のところ、落ち着いて余裕をもって
 
第3楽章 Allegro
(3年前、それなりに弾いた楽章)
→この楽章はどう弾きたいか
・・・3年前は、出だしのイメージは良くても途中のフレーズで違和感があり、でもそこで切り替えるのも変だという感覚はありました。どう弾いたら筋が通るんだろうと思っていましたが、アドバイスいただき、より強い感情で弾けばすっきりすることに気づきました。
でも、そういう弾き方がまた難しい(^^; 翌週は
→強さが出てきたが、すべての音符を強く弾かなくてよい
これと
→8分の9拍子だが、4分の3拍子に聴こえる
・・・つまり1小節1拍の感覚で弾く、ということ。
 
3年前と比べて、やりたいこととやれることが当時よりも難しくなっているのですが、慌てない演奏がしたいと思っています。
 
 
*****
 
昨日のつぶやき:
 
教室の発表会は思い切り背伸びしてチャレンジするところと思っているのだが、今日、曲の候補を出し合ったところ、先生のほうが上をいっていた( ̄▽ ̄;)
 
については、また別途(^^;
 
 

2017年6月15日 (木)

C's Ensemble演奏会

C's Ensemble演奏会
2017年6月10日 (土) 13:30開場/14:00開演
雑司が谷音楽堂
 
バッハ
 トリオソナタ ト長調 BWV1038
ショスタコーヴィチ
 弦楽四重奏曲第8番 ハ短調
ロータ
 弦楽のための協奏曲
ホルスト
 セントポール組曲
 
20170615_cs0610_01
 
今年のC's Ensemble演奏会は6月。
僕は晴れ男だからwwwを調子に乗って連発していたら、とても暑い日になってしまいました(^^;
 
バッハのトリオソナタ
 和やかなハーモニーの緩楽章と鮮やかな絡みの急楽章の対比が見事でした。特に2楽章Vivaceで音が入り組みながら流れていく感覚が心地よかったです。
 メンバー別名「はっぱ隊」。はっぱのもつ和やかさと鮮やかさ・・・といったらこじつけかもしれないけど。
 
ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲
 緩むことのない緊迫感のある演奏で、この作曲家の曲を聴くときに感じる独特の張り詰めた息苦しさが表現されていたように感じました。
 バッハとショスタコーヴィチ、極端に違う2曲でありながら、お互いにお互いを引き立てているような演奏になっていると思いました。これは、独立した2組のユニットが対バン形式で弾くのを聴いたとしたら、感じられなかったかもしれません。
 
休憩をはさんで。
 
ロータ
 難しかった(^^;
 ショスタコーヴィチも難しさを感じますけど、難しいなりに聴くのに慣れてきた(前回のC'sでも八重奏の演奏があったし)気がするのですが。
 
セントポール組曲
 この曲を演奏するには最小ともいえるダブルカルテット+コントラバスという編成でしたが、ホールの大きさとぴったり合ったダイナミックな演奏を聴くことができました。
 第4楽章のメロディが受け渡されていくところでは何故だか涙が出そうになりました。
 
アンコール曲はロータの「ゴッドファーザー 愛のテーマ」。ここまでアクション控えめだったコンマスさんがぐいっと(笑)
 
20170615_cs0610_02
 
今回、ステージ周りのお手伝いをする機会をいただきました。
椅子と譜面台を並べ替えて、楽譜を入れ替えるだけなんですけど、1曲目と2曲目の間は、コントラバスが置いてあってバミリ位置に椅子が置けないというアクシデント(?)もあって、めちゃ緊張しました。
逆に、2曲目と3曲目は、休憩時間だったことももちろんありますが、そのセッティングをリハを見て直接確認していたことが自分の安心感になっていました。
今回、リハの最後の30分くらいから入ったのですが、ステージ周りをやるなら、たとえバミリはしておくからリハ後から来てくれればいいよ~と言われても、リハの最初から(バミリを貼るところから)参加しなければと反省したのでした。
 
メンバーの皆さまには、自ら次の譜面台や楽譜のセッティングをしてくださったり、終演後に一緒にバミリはがしをしてくださったり、助けていただきましたm(_ _)m
 
何より、これまで聴いてきたC'sの雰囲気のまま接してくださったことに感謝しています。
 
20170615_cs0610_03
楽しい一日でした(^^)
 

2017年6月 6日 (火)

アンサンブルアコルト第3回室内楽演奏会

アンサンブル アコルト
https://www.facebook.com/EnsembleAkkord/
第3回演奏会
『Piano Brillante !』ピアノ室内楽の午後
2017年6月4日(日)14:00開演
みどりアートパーク ホール
 
■Trio Feli
  ドビュッシー ピアノ三重奏曲 ト長調
■東京ぶらぶらカルテット
  ブラームス ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 op.25
■アンサンブル・シントラプラス
  モーツァルト ピアノ四重奏曲第2番 変ホ長調 K.493
■Quartet Keynz feat.えりょん
  サン・サーンス ピアノ五重奏曲 イ短調 op.14
 
 
昨年12月のアンサンブルアコルト第2回演奏会がとても良かったのと、先日参加した空音舎「弾き合ゐの空」で東京ぶらぶらカルテットが予告編(?)を弾いてくださったものだから、ぶらぶらと聴きに出かけました。
 
Trio Feliのドビュッシー。
ドビュッシーらしさがまだ見え隠れしているような若いころの作品とのことですが、誰かが新しい色を見せると、他の2人がそれに合わせて色を切り替える、そんな色彩のやりとりに聴き惚れてしまいました。
なんか、もう、これだけで来たかいがあった・・・。
 
いやいや、お目当てはぶらぶらブラームス、もとい、東京ぶらぶらカルテットのブラームス。
弾くのも大変だけど聴くのも大変な曲だよーと聞いてましたけど、お互いの気遣いが感じられる演奏で、こんなふうに弾けるようになりたいなー、と思いながら聴いてるうちに最終楽章でした。ジプシー風ロンドは楽しかったです。
 
ここで休憩。
 
・・・弦楽だけの多重奏ならわからないなりに耳にだんだんと馴染むようになってきた気がするけれど、ピアノが入るとまだまだ曲が遠く感じるなー。
そういう自分にとっては、空音舎2ndSounds、本来のVaのほかに、ピアノで参加の方のサポートとしてVnで簡単なピアノトリオ曲にチャレンジしてるのは良い機会だなー。楽器2台持ちは大変だけどなー。。。
 
などと考えていううちに、休憩終わり。
 
アンサンブル・シントラプラスのモーツァルト。
演奏メンバーに知ってる人はいないのですが、逆に変な思い込み(?)なく聴けました。ほっとできる演奏でした。曲順としてモーツァルトをここに置いたのは良かったと思います。
 
そして最後にKeynz feat.えりょんのサン・サーンス。
堂々とした演奏だったと思います。特に、Keynzの1stVnさんはTrio Feli、東京ぶらぶらカルテットのVnと同じ方なのですが。。。
数年前OCSで初めて聴いたときから1stVnを弾くために生まれてきたような方だなぁと思っていて、アンサンブルアコルト第2回演奏会の時にはKeynzのベートーヴェンで女王様のようだなぁと思ったりしました。
しかし、今回の3曲は、そういう感じがなくて、そういう感じがない分、かっこよさが際立っていました。
(他のパートの皆さま、すみません、どうしてもVnに目と耳がいってしまって。)
 
 
会場は、ピアノは響くんだけど弦は特に低弦の響きが足りない感じがしました。そんな中でも、素晴らしい演奏を聴かせていただいたと思います。
帰りの電車の中で「早く帰って楽器弾きたい!」という気持ちが沸き起こってました。
開演前に、後ろの席の方から「Vcってなんだろ・・・チェロかな」「Vaはヴィオラ? 何の略なんだろう」という会話が聞こえたのですけど、そういう方々にも、楽器弾いてみたいとか、またこういうコンサートを聴きに来ようとか、そんな気持ちがきっと沸き起こっているんじゃないかな、と思える演奏会でした。
 

2017年6月 1日 (木)

HNMSレッスン301

■音階:3オクターブ:ト長調
→ポジションが上がった時に弓の位置が駒に寄りすぎて、音がかすれている。
 
練習の時に気になった音程にばかり集中していて、自分の音を聴いていませんでした(^^;
弓の位置を気にして弾くというよりは、自分の音を聴いて体の動きに任せるだけで改善。
 
 
■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)24番:3重音が続く
前回と同じ範囲を、強弱記号に合わせた変化を付けて弾く(音の強弱というより、音色や重音の弾き方を変えて)。
→強弱の弾き方の違いは出ている。弱は良いが、強の3重音は、2つの弦ずつ弾くことが強く出すぎて、じゃんじゃーんと2つの2重音に聴こえなくもないので、じゃあーんとひとつの3重音として弾くように(擬音は僕のイメージです)。
さらに、先へ進んでゆっくりと重音確認。
次回は、前回までの範囲の途中から、先に進んだところまで。
 
 
■曲:モーツァルト「ロンド」
ゆっくりでも指の回りが十分でないところ、シフトが安定しないところ、重音の連続でテンポを落とさざるを得ないところ等々、いろいろある段階ですが、全体を通しました。
 
前々回(前半)前回(後半)指摘したところが改善されていて、つまづくところもありつつも曲としての流れが切れることなく続いていたとのことで、レッスンとしては修了となりました。
 
今後の課題として、
・右手と左手の分離というか連携というか:前回指摘の最後近くの重音がまだひとつひとつの感ありのところは良くなったが、まだ左手が止まりそうになると右手も止まってしまう、といったようなところ。
・ブレスの使い方:4分音符の単位での呼吸と、8分音符単位での呼吸。
・三連符からの「in tempo」のところ、そのあとの8分音符からテンポが戻ったが、三連符のところから戻すように。(その前にある他とは独立した三連符メロディ部分を割とゆったり目に弾きたいと思っていて、それは良いのだけれど、「in tempo」の三連符で「in tempo」にすること)
 
 
「ロンド」は検索してみるとスピッカートの特訓をしている方が多くて、実際にマイミクさんがちょうど取り組んでいらっしゃいます。
僕の今回の場合、そこは「軽やかさを出すように」という程度(それはそれで今の自分には難しい)で、中心課題は、曲の変化に合わせて弾き方も変えられるか、3つあるカデンツァをどれだけ自由に弾けるか、といったところだったように思います。
とても楽しくチャレンジできました。
 
20170601kimg0500
 
*****
 
次回、10月下旬の発表会までの準備を4か月とみて、約1か月短い曲をやるか、もう発表会の曲に取りかかるか、という話になりました。
近年のレッスン曲は、少し寝かせる時間が必要なことがあるなぁと思ったので、さっそく発表会の曲に取りかかり、寝かせる必要が出てきたときに短い曲をやることにしました。
 
といっても、今回で「ロンド」修了とは思っていなかったので、候補曲はまだ全く考えておらず。
 
そんなわけで、次回は、いちおう候補曲として、前にカミさんとカミさんのおふくろさんからリクエスト(?)のあった某曲を持っていくことにしました。
昨年、楽譜を開いて「また数年後にね、じゃ(^^)/」と閉じた曲なので、曲名は伏せてきます(^^;
 
 

2017年5月30日 (火)

TPGOオケ退団

TPGOオケ、休団から今期復帰したはずでしたが、練習日となっている日曜日の午前中によんどころない事情が続きそうなので、再休団 → 3期続けて休団なので規定により退団、です。
 
 
演奏会のたびに、ある回は当日、ある回は1週間前と、前後に必ず熱を出したり風邪をひいたりしてました。本番メインの第4楽章最後のページめくりをしたところから咳が止まらなくなったりもしました(^^;
そんなご迷惑をおかけしながら、本番で弓が5センチしか動かせないところから、DVDでならパーフェクトに弾いてるように見えるようになるまで、成長(?)させてもらいました。
ヴァイオリンパートが一番のピンチだった期の途中で体調崩して抜けざるを得なかったのが心残りです。
 
 
一番の思い出は、メンデルスゾーン「フィンガルの洞窟」。前プロでローマ稿をやって、アンコールでロンドン最終稿をやったことです。
チャイコフスキーの「くるみ割り人形」も組曲にない曲ができて良かったなぁ。
あとは、前プロでパリ―、中プロでヒンデミットときた後の、メインのベト7でのものすごい開放感かな(笑)。
 
 
復帰はいつでもOKの団なので、オケ活動もできれば都合の合うところで続けつつ、生活パターンが変わったら、また、、、と思っています。
 
 
今期のアンサンブル大会には顔を出すつもり(^^)
 

2017年5月29日 (月)

昼休みつれづれ

演奏の幅広さは、持ってる引き出しの数とそれぞれの引き出しの大きさの合計に比例する・・・、
 
いろいろ思い出し検索しながら書けば、
 
          n
 演奏の幅広さ ∝ Σ 引き出しkの大きさ
          k=1
 
になるのかな。
 
「ひれい」で「∝」と変換されるとは思わなかったなぁ。

2017年5月26日 (金)

HNMSレッスン300

■音階:3オクターブ:ト長調
レッスン前の調弦でなんだか合いにくいなと思いつつ、ちょっと妥協したのですが、やはりG線がわずかに低い(音の立ち上がりでは合ってるんだけど音を伸ばすとわずかに低い)とのことで(^^;
 
調弦、いまだに、音がずれてはなさそうなんだけどピッタリこないという、気持ち悪い状態にハマることがあります(^^;
久しぶりに先生に調弦していただき、あー、これこれ、この5度の響き、と思いました。
 
 
■エチュード:ドント作品37(35じゃないよ^^;)24番:3重音が続く
前回と同じ範囲を、左手の押えの早さを少しあげて。
 
fでダウンの連続で重音を弾いていくところ、右手が左手を待って弾いている感が表に出てしまっている。
pでダウン、アップと重音を弾いていくところ、アップは良いが、ダウンはfとは強弱以外に別の弾き方で。
次回は、これまでの範囲をそうしたfとpの変化をつけて。
余裕があれば、先へ進んでゆっくりひとつひとつの重音確認を。
 
 
■曲:モーツァルト「ロンド」
2番目のカデンツァの前から最後まで。
 
その2番目のカデンツァは同じようなフレーズで半音ずつすれていくところが、まだ頭の中に音程ができてない。
その後の再現部は、カデンツァから切り替えること。
pとfは音量だけでなく弾き方を変える。
scherzはリズムがしっかりとれているので、もっと遊んで。
sempliceはとても良い。
弾きにくいフレーズパターンはリズム練習で鍛える。
tranquilloの4分音符2つは音が繋がっているかのように弾く。
3つ目のカデンツァフレーズ(スラー)の最後の音は覚えてしまうこと。
ad libitumの弾き方は良い。重音に入ってからの音程に注意。
in tempoからの重音はまだひとつひとつの感あり。まずは1拍をひと組に。
 
次回は全体を通してみる。
 
 
*****
 
ばよりん2年目に入った頃(2010年8月)からお世話になって、300回目のレッスンとなりました。
 
300回・・・?
 
全然ピンとこないので(^^;、半分の150回の時(2013年12月)の日記を確認してみたら、篠崎4巻最後のコレルリ「ラ・フォリア」(鈴木や白本のよりも弾きやすい編曲)をやってました。
 
・先生いわく(1)
「いま、ラ・フォリアを弾くと、いろいろなことができると思いますよ」
 
そうかなー、と思って、翌日、篠崎4巻を引っ張り出して「ラ・フォリア」を弾いてみたら、いろいろなことができるどころか、いろいろなことを忘れていて、音程もリズムもめちゃくちゃ(^^;
でも、3回4回と弾いてるうちに、安定はしないけど、いろいろ自由に弾こうとしている自分がいました。
まだまだ、できることが少ないから、少しでも増えていけばいいなと思います。
 
・先生いわく(2)
「教本のあと、いろいろな曲をやってきたので、もうどんな曲でも大丈夫ですよ」
 
演奏自体はつたないままですけど、確かに、いろいろな曲に触れてきました。弾けるという意味ではなくて、楽しめるという意味でなら大丈夫だと思います。
 
10月の発表会の曲をそろそろ考え始めないと(^^;
 

2017年5月22日 (月)

空音舎「弾き合ゐの空」

5月21日(土)@ミューザ川崎市民交流室
空音舎「弾き合ゐの空」
20170521_01
ヴァイオリン4人のユニット、Ensemble Leggieroで参加しました。
曲目は、テレマン / 4つのVnのための協奏曲TWV 40:201 G-Dur。今年1月29日に演奏した曲ですが、今回は第2楽章のテンポアップに取り組みました。
 
 
取り組みの成果はあったと思います(^^)
 
個人的にも1月に比べて落ち着いて弾い・・・いえ、緩楽章では弓が震えました(^^; が、録音ではそうと言わなければ気が付かない・・・ということにしておいてください。。。
「市民交流室」という名前の部屋ですが、さすがミューザ川崎音楽工房、響きが良く、気持ちよく弾けました。
 
聴く方としては、テルミン&弦楽器、ピアノソロ、チェロ六重奏、VnとVcのデュオ、ピアノ四重奏、2つのVnとピアノ、チェロ四重奏、ピアノトリオ、弦楽四重奏・・・と、異なる楽器の組みあわせでの演奏を堪能できました。
上手下手はもちろんあるのですけど、どの演奏も味わい深かったなぁ。あの感覚はどこからくるんだろう・・・。
 
“空音舎「初」外に出ての弾き合い会”でしたが、8割くらいの皆さまとは、これまでに空音舎でお会いしたことがあって、空音舎の楽しい雰囲気そのままの会だなぁと思いました(^^)
 
空音舎オーナーさまはじめ、会場の皆さま、楽しい時間をありがとうございました。
 
 
Ensemble Leggieroとしては、今回の曲はここでひと区切りとして、また新しい曲にチャレンジする予定です。
 
*****
メモ:Ensemble Leggiero 演奏歴(新しい順)
 
・2017年5月21日(土)@ミューザ川崎市民交流室
  空音舎「弾き合ゐの空」
  テレマン / 4つのVnのための協奏曲TWV 40:201 G-Dur
 
・2017年1月28日(土)@豊洲シビックセンターホール
  コミュ「クラシック音楽発表会を作ろう!」イベント
  テレマン / 4つのVnのための協奏曲TWV 40:201 G-Dur
 
・2015年12月6日(日)@東京中央教会
  コミュ「アンサンブル初心者合奏会♪」第三回発表会
  ヴィヴァルディ「4つのVn&Vc」RV580 第一楽章
  (弦楽合奏付きで「Ensemble Leggiero」名ではなかったけど)
 
・2014年9月27日(土) @ティアラこうとう小ホール
  しゅみーとくらぶ アンサンブルコミュ 第9回演奏会
  テレマン / 4つのVnのための協奏曲TWV 40:202 D-Dur
 
・2014年4月6日(日) @ティアラこうとう小ホール
  コミュ「クラシック音楽発表会を作ろう!」イベント
  テレマン / 4つのVnのための協奏曲TWV 40:202 D-Dur
 
 
 
おまけ:
もう20年くらい会ってない友人が、偶然、聴きに来てたらしい・・・。
 

«HNMSレッスン299

はじまりはいつもA線~バイオリンストア~

  • はじまりはいつもA線
    ~バイオリンストア~

    Amazonのインスタントストアを使って、自分が持っているものをベースに、バイオリン関連本を集めました。

プロフィール


  • SLAN
    大人からバイオリン。 学生時代にサークル活動で1stポジションまで。 四半世紀ブランク。 2009年7月より1から再スタート 。
    レッスン開始から

SLANなう

ばよブログつながり

  • ばよりんを通じて知り合った方々のブログ

ばよ多謝

  • シマムラストリングス秋葉原
    現在の楽器は2010年12月に島村楽器の弦楽器フェスタで出会いました(数年後、弓も)。以来、工房はここにお世話になっています。
  • ハートノート音楽教室
    2010年7月11日に1年間通ったヤマハのグループレッスンをやめて、同年8月18日からこちらで個人レッスンを受けています。
  • 空音舎(そらおとしゃ)
    イベントスケジュール
    弾き合い会はじめ「2nd Sounds」「銀河鉄道の夜」などユニークな企画に参加しています。「空色カルテット」はここがきっかけで生まれました。
  • 表参道クラシックスペース(OCS)
    新着情報
    弾き合い会のほか、「落ちてもいいよ!譜読み会」や各種スポットレッスンに参加しています。「クァルテット・オチテモー」はここがきっかけで生まれました。

楽器を習うなら(広告)

  • ■山野楽器
  • ■シアーミュージック

ブログランキング

  • ランク争いをするつもりはないですが、関連ブログへのリンク集代わりに。
  • ■にほんブログ村
    にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
  • ■人気ブログランキング

ばよ楽譜

ばよコンサート情報

Amazonランキング

  • 「音楽(クラシック)」の売れ筋ランキング。ランキングは1時間ごとに更新されます。。。とのことです。

ココログ広場

無料ブログはココログ